目覚めへの旅

目覚めへの旅 Ⅰ

Posted on 2013-07-31
stairway to heaven

退院してからは、実家で暮らすようになり、父に車で送ってもらい会社に出社し、午前中だけ顔をだし、お昼休みにはまた自宅に戻る日々がしばらく続きました。

記憶喪失状態なので、車の運転はまともにできず、仕事では欠かせないパソコンの操作もままならない状態でした。

最初の頃は、パソコンの電源をいれて「Windows 7」の起動画面を見た瞬間、「Windows 7ってなに?」と自分の会社のスタッフに質問するありさま。

おまけに、愛用していたソニーのノートPC「VAIO」は、まるでわたしの変わりに犠牲になったかように、わたしが倒れるのと同時期に故障して再起不能状態でした。

どうせ記憶が無いならと、それを機にメインで使うパソコンをMacに変更しました。それ以来、ずっとMacがメインです。

とても救われたのは、バックアップデータをクラウドに保存しておいたので、大切なデータをすぐに復旧できたことでした。

不思議なもので、パソコンにふれていると、それに関わることを少しずつ思い出していきました。携帯の操作などについても同様でした。

退院して数ヶ月後には、車も運転できるようになり、自宅と会社の往復くらいなら1人でも大丈夫なほどに回復しました。

一番困ったのは”人”を思い出せないことでした。

ですが、自分の状況を正直に話し、その方から過去のわたしとの思い出話などを聞いているうちに、その方との関わりに関する記憶が走馬燈のように蘇るのでした。

そうやって、わたしに関わりが深かった人たちと再会し、コミュニケーションすることで、わたしの記憶はシナプスがつながるように少しずつ回復していきました。

結局、完全に社会復帰ができたのは、退院してから約半年後のことでした。

この世にもどってきた直後から、わたしは”誰か”に守られているような感覚がありました。朝起きた瞬間から、理由などない幸福感が続き、すべてに感謝し、多くを望まず、ありのままの自分で幸せでした。完全に人生の流れに身を委ねて生きていました。

今ふり返ってみると、今までの人生で、あのころの自分が一番幸せを感じて生きていたと思います。

会社は、社長のわたしがそんな状態でしたが、業績は順調でした。スタッフが頑張ってくれていたのはもちろんのことですが、不思議な力が働いているとしか思えないようなことが沢山ありました。

しかし、わたしが現場に完全復帰した頃から、業績は下降線をたどり始めました。今度は不思議な力がマイナスに働いているとしか思えない状況です。

大口の取引先が倒産、従業員の裏切り、期待していた新サービス開始の延期など、どうしようもない状態が続き、遂にはわたしの会社は破産寸前まで業績が落ち込んでしまったのです

この時の急激な乱高下について、精霊リュクシャに聞いてみました。

あのとき、記憶を失っていたあなたは、過去に捕らわれず”今”に生きていました。「今この瞬間を、あるがままに生きること」それが幸せの秘訣です。あなたは、記憶がもどるにつれ、過去や未来に囚われて生きるようになりました。特に事業の業績が下降しはじめてからは、完全に思考の中でダンスを踊っているような状態でした。”今だけを生き、人生の流れに身をゆだねている”状態から、少しずつエゴの渦の中に巻き込まれていったのです。今のあなたなら、その意味がわかるでしょう?

たしかに、リュクシャが言うとおりでした。退院当初は、半強制的に”今を生きる”しかない状況だったのに、記憶を取り戻すにつれて、わたしは以前と同じような思考パターンに囚われるようになっていったのです。そして、それと並行するように、理由のない幸福感は薄れていき、やがては消えてしまいました。

でもあながた幸せに暮らしたあの日々は、目覚めへの道を歩むことを決意した、天使からあなたへの贈り物でした。”今をあるがままに生きる”ことの大切さを、天使は伝えてくれたのです。あの幸福に満ちていた期間は、ビギナーズラックみたいなものです。産まれたばかりの赤子が母の胸に抱かれているときの感覚に近いものを、あなたは少しの間、感じることができたのです。

そうだったのですね。わたし選択によって、記憶が戻り、会社業績は悪化し、幸せな感覚は消えたのではないのですね?

サプライズ期間が終わったので、あなたは天使との約束によって、本来の道に戻りゲームを再開しただけです。

今の人生で目覚めに至り、天使との約束を果たすために、僕が再開したゲームは、その後も激動の連続でした。。。

続く

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


目覚めへの旅 Ⅱ

Posted on 2013-08-01
stairway to heaven

2010年の11月末。わたしは、大きな決断をしました。

その決断とは、2010年12月31日をもって、役員3名をのぞく全員を解雇するというものでした。

悩みに悩んだ末の、苦渋の決断でした。

12月1日
わたしは、従業員を1人ずつ社長室に呼び出し、正直に会社の今の現状を話し、12月末で解雇することを伝え謝罪ました。

そして、今まで頑張ってくれたことに対する感謝を伝え、12月中は必要最低限の仕事以外は、次の仕事を探すことに時間を使ってほしいこと、希望であればわたしの友人が経営している会社を紹介するということを話しました。

ごく一部の人間を除き、みんな理解を示してくれました。わたしを責めるどころか、逆に「今まで、ありがとうございました。この会社で働けて幸せでした」と言ってくれたスタッフの前では、号泣してしまいました。

辛い思いをいだきながらも、スタッフがいなくなった後の会社の体制づくりに奔走しているうちに、年は明け2011年になりました。

相変わらず精神的にはボロボロでしたが、ひとつだけ特別に嬉しいことがありました。

それは、その後妻になる女性Mとの再会でした。

彼女と出会ったのは、約2年前。

当時彼女は大阪で暮らしていて、わたしは東京の乃木坂で暮らしていました。そんな2人が、ひょんな縁で京都の地で出逢いました。偶然にも2人は同郷だったので、地元話で盛り上がり、いつか故郷で一緒に酒を飲もうと約束し連絡先を交換しました。

それから約2年後の2011年の正月、帰省していた2人は故郷で再会し、それから2人の交際がはじまりました。

彼女には、昨年の病気と臨死体験のこと、会社の経営が大変な状態であるということを正直に話しました。彼女は「倒れる前のあなたのことも知っているし、地元の友達からいろんな話も聞いているけど、私は今のあなたの方が好きよ」と言ってくれました。

自分自身に絶望し、ボロボロになり、なにもかも捨てて、誰も自分のことを知らない遠い地に移住しようかとさえ本気で考えていたわたしに、彼女はひとすじの光を注いでくれました。

ブログにこんなプライベートなことを書いているのは、わたしが過去の自分としっかり向き合い、ネガティブなエネルギーを解放するべき時が訪れているからです。

過去の辛い出来事を炙り出し、真摯に自分と向き合うのは、とてもつらい作業です。しかし、辛い感情を感じつくして手放さなければ、姿を変えただけの同じような現実が、繰り返しわたしの人生に訪れるだけです。

感情を味わいつくし解放する作業は自分を癒すということです。そして、この世に自分が生まれるときに、意図的に隠した宝物を自分の中に発見するため道です。

【リュクシャからのメッセージ】
彼女との出逢いが、運命だったのかどうかは、あなた自身が決めることです。辛い出来事も、嬉しい出来事も、すべてが天からのプレゼントです。そのプレゼントをどう受け取り、どんな人生ゲームを楽しむかは、すべてあなた次第です。

そして、今回の人生ゲームで、スピリチュアルな目覚めに至りたいのならば、自分のネガティブな過去や感情と徹底的に向き合う作業は必ず通らなければならない道です。そして、それを解放するための「聖なる道具」のいくつかは、すでにあなたは手にしています。

続く

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


目覚めへの旅 Ⅲ

Posted on 2013-08-02
stairway to heaven

2011年3月1日。わたしの会社はオフィスを移転しました。

経費削減のためと、最小人数での新しい展開にむけて気分を一新したかったからです。

10年借りていたオフィスは、不要なもので溢れていたので、それらをすべて処分しました。

まさに会社の断拾離でした。

新しいオフィスでの仕事にも少し慣れてきた頃、あの出来事が起こりました。

東日本大震災です。

わたしは、我が身をかえりみず、被災地に向かいました。

3.11に関するその後のことは、今はまだ書きません。

というよりも、書こうと思っても、指が動かなくなってしまうのです。

あの衝撃の日々を、いずれ語るべき時が来るのでしょう。だから今は次の話に進みます。

その年の秋、1年先送りになっていた新サービスを発表しました。このサービスを開始すれば、起死回生の一発で、会社を建て直すことができる計画でした。

その可能性を信じて、会社に残った3人は、この9ヶ月間、無報酬で頑張ってきました。

ところが、当初発表を予定していた1年前だったら、間違いなくブレイクしていたはずのサービスも、震災の影響とライバル他社の追い上げによって業績が振るわず、会社の経営は絶体絶命の危機に陥りました。

わたしと専務は、消費者金融にまで手を出し、なんとか生活をつないでいました。

しかしそれももう限界でした。

プライベートでは親友であり、創業以来のビジネスパートナーでもあった専務。そしてもうひとりの役員も、会社から離れていきました。

わたしはひとりになり、5000万円の借金だけが残りました。

そんな最中の2011年11月。わたしとMは結婚しました。

ふたりで区役所へ行き、婚姻届けを出しました。

結婚式を挙げるお金なんてありませんでしたが、後日、友人たちがお金を出しあって、プラチナの指輪をプレゼントしてくれました。

それは、どんな指輪よりも、わたしとMにとって最高の指輪でした。

すべてを受け止め、わたしと一緒になってくれたMへの感謝の気持ちは今でも変わりません。

経済的にはどん底でしたが、彼女がいてくれれば、困難な状況を乗り越えられそうな気がしていました。

会社は、わたし1人だけになりましたが、なんとか存続して再生するために孤軍奮闘する日々が続きました。

そんなある日、インスピレーションが舞い降りてきました。

解決への道はただひとつ、自分の人生を信じて、すべてを天にゆだねなさい

それは、大いなる魂からの呼びかけでした。

そのメッセージを受け取った瞬間が、わたしにとって大きなターニングポイントになりました。

続く

※※※管理人より※※※
過去の個人的な話ばかりが続いるので、読んでくださっている方にとっては退屈な内容かもしれません。でも、この一連の出来事を書き出すことは、わたしの魂の解放のために必要な作業なのです。どうか、もう少しだけお付き合いください。ありがとうございます。

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


RSS Feed  Tags:,
Posted in 目覚めへの旅

目覚めへの旅 Ⅳ

Posted on 2013-08-03
stairway to heaven

年が明けて2012年3月。我が家にとって、重大な出来事がありました。

Mの妊娠が発覚したのです。

わたしの心の中は、多くの喜びがあると同時に、親になることへの恐れがありました。

その恐れは、以前の記事に書いたように、わたしは両親から「無条件に愛されている」と感じることができないまま育ち、それが大きなトラウマになっていたからです。

そしてそのトラウマは、その時点では、まだ癒されてはいませんでした。

以前、雑誌の記事で「虐待を受けた子供は、自分がそれで苦しんできたはずなのに、親になると自分の子供を虐待してしまう確率が高い」ということが書かれていたのを覚えていました。

それと同じように、親の無条件の愛を感じずに育った子供は、親になると無条件に子供を愛することができないのではないかと思ってしまったのです。

そんなわたしの心配など関係なく、Mのおなかは日に日に大きくなっていきました。

母体のことを考え、Mは勤めていた会社を円満退社しました。

それからは、体に負担をかけない範囲で、わたしの会社の雑務や経理を手伝いながら、出産に備えました。

昨年末に、大いなる魂からメッセージを受け取って以来、わたしは毎朝の瞑想を再開していました。

瞑想の効果はすばらしく、多くの借金と身重の妻を背負いながら生きて行くプレッシャーに立ち向かうための栄養ドリンクのようなものでした。

朝に瞑想をしなかった日は、精神的に安定しないことが、はっきりとわかるようになりました。


そして、その日は訪れました。

わたしとMが結婚して約1年後の2012年11月のことです。

わたしは深夜の出産に立ち会い、元気な男の子がこの世に産まれてくる瞬間を、目撃しました。

その子の命は、2年7ヶ月前に、天から命を頂いたわたしの命をつないだ子供。わたしにとっては、奇跡の子でした。

病院の先生や妻の前で泣くのは恥ずかしかったので、病院のトイレでひとり大泣きをしました。

命はつながっていく。ただそれだけの単純で、最も美しい波のなかで、わたしは心の底から歓びを感じた瞬間でした。

つづく

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


目覚めへの旅 Ⅴ

Posted on 2013-08-04
stairway to heaven

あれから8ヶ月半の月日が流れました。

子供は最近、つかまり立ちを始めました。

経済的な状況は、相変わらず大変ですが、できるだけ子供と一緒の時間をつくるようにしています。

不思議なもので、借金を増やさずに、ぎりぎり生活していけるだけのお金は、入ってきています。

目覚めへの旅シリーズも、やっと現在進行形まで追いつきました。

わたしは今現在でも旅の途中ですが、天使との約束を思い出したいま、そこから今日までの過去をふり返っておきたかったのです。

スピリチュアルの世界では、過去も未来もない、あるのは”いま”だけだということが頻繁に語られています。

それはきっと真実なのでしょう。

でもわたしは、さとりを開いたわけではないので、そのことを頭では理解できても、リアルな実感はありません。

大切なのは、過去でもなく、未来でもなく、”今を生きる”ことです。でも、いつでも”今を生きている”実感を持ち続けるのは、とても難しいことです。

精霊とコンタクトできるようになった今でも、仕事が忙しいと、そんなことは忘れて思考の渦に巻き込まれてしまう日々です。

でも、今のわたしには、天使から送られてきた”聖なる道具”があります。

”聖なる道具”を使い続けることによって、わたしの精神はとても安定したものへと日々進化しています。

明日からは、現在進行形の話を中心に書いていきたいと思います。

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


1 / 11