よみがえり

天使との約束 Ⅳ

Posted on 2013-07-29
Angel winged

この世界のエネルギーのセンターは”愛”です。そのパワーによって、あなたの選択が実現されます。

あなたは、苦しみと歓びが共存する物質的な世界の旅に戻ります。ただし、あなたの記憶はルールに従って消去されます。消去されるといっても、完全に消去されるのではなくアカシックレコードにはすべてが記憶されています。

そして、今までの何倍もの苦しみを、味わうことになるでしょう。でも、あなたの苦しみがピークに達したとき、目覚めはすぐ”そこ”にあります。

私たちは、あなたに何度でも目覚めへの招待状を送り続けます。それを受け取るかどうかはあなた次第です。もしも、あなたが受け取らなかったとしても、それは罪ではありません。この世界で起きていることは、すべてが「大いなる神のゲームです」そして、そのゲームのたどり着く先は、ひとつしかありません。そして、たどり着けない人は誰ひとりいません。

わたしは目覚めへの招待状と一緒に、あなたに「大いなる神のゲーム」を楽しむための聖なる道具を与えます。その道具をつかえば、あなたはどんなに苦しい時でも、目覚めへの最短距離を歩むことができるでしょう。

だから、安心して好きなことをやりなさい。他人の声に耳をかたむけず、魂の声に耳をかたむけなさい。全ての答えはあなたの中にあり、すべての道もあなたのなかにあります。ある一定までエネルギーの凝りを解放できたとき、目覚めはやってきます。

時がくれば、あなたは、今起きていることを思い出す日がくるでしょう。そして、あなが完全に目覚めることができた時、私たちはまたこうして向き合うことになるでしょう。

わたしは、多くの賢者達が語ってきた真実を、書物ではなく天使が直接伝えてくれたことに心から感謝し、両手を合わせました。

すると、天使が放つ光のエネルギーが、わたしを包み込み。わたしは完全なる至福に満たされました。そして、必ず今回の人生で目覚めに至り、また会いにくることを天使に誓ったのです。

目を開けると、砂漠も天使も消え、病院のベッドで眠る自分の肉体の側に浮かんでいました。酸素マスクをつけられ、全身の数カ所には点滴を入れるための管がつながれていました。

そして、わたしの隣には精霊リュクシャがいました。

いままでも、これからも、どんなときでも、私はあなたのそばにいます。わたしは、天使からの贈り物をあなたに届ける仲介者なのです。

困ったとき、辛いとき、そして嬉しいときも、いつでも私を呼んでください。この後、あなたが”人生”に戻れば、私との記憶も消去されてしまいます

それでも、私は、あなたが気がつくまで、あなたにメッセージを送り続けるでしょう。あなたがそれを受け取るその日が来るまで、しばしのお別れです。

さぁ、ゆきなさい。そして、真の愛と自由への冒険を楽しんでください。

「ありがとう、リュクシャ」

そしてわたしは、”人生”へと戻るべく、自分の肉体の心臓部に飛びこんだ。

続く

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


1 / 11