ガネーシャ

ガネーシャへのラブコール

Posted on 2013-08-10
ガネーシャ像

わたしは、ガネーシャがもつ叡智の力をかりるために、精霊リュクシャに言われたとおり、自分なりのやり方で、彼への祈りを伝える準備にとりかかりました。

そして、最初に思いついたのは、あまりにも安易で幼稚な発想でした。

ブログに書くのも少し躊躇するのですが。。。でも、それで変化が起きはじめたのも真実なので、ありのままブログに書きます。

わたしはまず、amazonで物色し、直感で選んだガネーシャ像を購入しました。9,800円の銅製です。

そして、宅急便で届いたそのガネーシャ像を会社の神棚に祀りました。金色のガネーシャ像は、まるで初めからそこにあったかのように、神棚にぴったり収まるサイズでした。

以前のように社員がいれば、会社の神棚に神社のお札以外のものを祀るなんて躊躇したのかもしれませんが、いまはわたしひとりだけの会社なので、やりたい放題です。この神棚を自分外で見ることができるのは、ときどき経理を手伝いにくる妻ぐらいですが、妻もガネーシャが来たことを喜んでくれました。バカ夫婦ですね。。。(^^;

わたしはさっそくガネーシャ像に魂入れを行いました。水とお花を供え、お香を焚き、手を合わせて心をこめてガネーシャのマントラを唱えました。ネットで検索すると、ガネーシャのマントラはいくつかありましたが、どれを唱えるかはインスピレーションで選びました。

しばらくマントラを唱えていると、神聖なエネルギーが部屋の中に満ちてきたので、魂入れは無事済んだと判断しました。

将来、わたしが成功して借金を完済しても、それをネタにして、高額のガネーシャ像を売りつけたり、有料で魂入れをしたりしませんので、ご安心を(笑)

ちなみに、ガネーシャが鎮座した神棚には、商売の神様として有名な某神社のお札が3年以上祀られていましたが、それは近所の神社へ持っていき調停に魂抜きと処分をお願いしてきました。

それからは、毎朝会社に出社するとガネーシャに供えている水を新しいものに交換し、お香を焚いて、マントラを唱え祈りを捧げます。

わたしは、ガネーシャ像を神棚に祀っただけで、借金問題が解決するとはもちろん思っていません。

毎朝、儀式を行うのは、天使から与えられた聖なる道具をつかい、わたしの波動の周波数レベルが、ガネーシャとのコンタクトが可能になるレベルにあがるまで、ガネーシャの存在を心の中に留めておくためです。

そんな毎日がはじまり、今日で10日ほどが過ぎました。

ガネーシャのサポートなのかどうかまだ確信はありませんが、その後、100万円クラスの仕事の案件が想定外のところから2件飛び込んできました。

わたしの会社は今日からお盆休みなので、提案した案件が正式に受注になるかどうかは、休み明けになってみなければわかりません。

ひとりでやっている会社で売上100万円で粗利益が80%以上の仕事は、とてもありがたい案件です。しかも2件。

「もしかして、ガネーシャのしわざ?」なんて思ったりもしてますが、まだ正式受注したわけでもないし、わたしのなかでも確信がありませのんで、感謝しつつも過度の期待はせず流れにまかせていこうと思っています。

また状況に変化があったら、ブログに書きます。今日も最後まで読んでくれてありがとね m(__)m

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


ガネーシャとつながる方法

Posted on 2013-08-09
カラフルガネーシャ

前回からの続きです。

ところで、リュクシャ、どうすればガネーシャの叡智の力をかりることができるのですか?

あなたは、「彼は、あなたのことをずっと待っていたし、今のあなたなら彼とつながることができるはず」とわたしに言いました。それはどういう意味ですか。

その言葉のとおりです。彼はあなたのことをずっと待っていましたよ。でも、彼とつながり、メッセージを受け取るためには、あなたが真摯になり心の底から彼とのつながりを求めなければなりません。そして、あるレベルまであなたの波動の周波数をあげなければなりません。

もう少し具体的に教えてください。真摯に求めるとは、具体的にどうすればよいのですか。

それは、祈りを伝えるということです。祈りとは言葉で表すだけではなく、行動でも表した方が強く伝わります。わたしからアドバイスできるのは、ここまでです。あとはあなたが自分の心の声を聞き、自分なりのやり方で、祈りを伝えてください。それがどんなものであっても、間違いではないし、彼には必ず伝わります。

わかりました。今は何も思い浮かびませんが、わたしなりにやってみます。それと「あるレベルまで波動の周波数をあげる」とはどういう意味ですか。

かつてあなたが、天使とコンタクトできたときのことを憶えてますか?あの時、あなたの魂は肉体から離れ、とても高い波動の状態だったので、天使とつながることができたのです。でも、肉体をもっている状態でも、波動の周波数をかなりのレベルあげることができます。それは、深い瞑想状態やエネルギーのしこりを解放することによってもたらされます。

これについても、自分で実現していくしかないのですよね?

そうです。それを実現するために「聖なる道具」があります。

ガネーシャとつながり叡智の力をかりるために必要なことは以下の2つ
 1.ガネーシャとのつながりを真摯に求め祈りを伝えること(言葉と行動で)
 2.天使から授かった聖なる道具を使い、波動の周波数レベルをあげること
らしい。

ここまできたら、自分の心の声を信じて、やれるだけのことをやってるしかない。というか、その道しか土壇場の経済状況を抱えた今のわたしには残されていない。

ガネーシャが本当に存在していて、Wikipediaに書いてあったように「障害を取り去り、また財産をもたらす商業の神・学問の神」ならば、彼とのつながりが、問題解決への扉を開いてくれるだろう。

※明日も引き続きガネーシャについて書きます。今日も最後まで読んでくださりありがとね!m(__)m

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


ガネーシャについて

Posted on 2013-08-08
カラフルガネーシャ

引き続き、ガネーシャについて書きます。その後、精霊リュクシャからこんなメッセージがありました。

ガネーシャの叡智の力をかりることができれば、あなたが抱えている問題を解放するスピードは飛躍的にあがるでしょう。

わたしは彼の名前を知っていますが、”存在”としては知りません。正直に言えば、天使や精霊の存在を認めることはできても、ガネーシャのような神話に登場する”神様”のようなものが本当に存在するとは、にわかには信じがたいです。

信じるかどうかは、あなの自由ですよ。それにガネーシャは神様ではありません。

神様じゃない?でも、Wikipediaにだって「ネーシャは、ヒンドゥー教の神の一柱(ひとはしら)」と記載されているじゃないですか。

確かにそうだね。ヒンドゥー教は基本的に多神教の宗教です。私が言っているのは、それらの神々ではなく、この世のすべてを創造した唯一絶対の創造主のことです。すべて源、ソース、ワンネス、のことです」

それならわたしも理解できます。すべてを創造した神様は、唯一絶対的なだと思っています。そして、おそらくそれは正しい認識です。では、ガネーシャが神ではないとするならば、何なのですか?天使ですか?それともあなたのような精霊ですか?

それを追求することにあまり意味はありません。あなたが先ほど話したことを理解したうえでガネーシャをあえて「神」と呼びたいならそうすれば良いだけです。言語で伝えられることには限界があります。「神」という概念ひとつとっても、言語によって、国や文化によって宗教観によって様々です。それは、天使や精霊や守護霊も同じことです。

では、質問のしかたを変えてみます。ガネーシャは、あなたのような「精霊」や以前にコンタクトできた「天使」と同じ部類の存在ですか?

そいういう意味で答えるならば、それは違います。あえて、あなたたちが使っている言語で表現するならば「高次元のエネルギー体」です。「高次元の魂」と言った方がイメージしやすいかもしれませんね。

「高次元の魂」ね。それなら、なんとなくわかります。

ガネーシャという名前は、ある時代のある人間たちが名付け固定化したものでしかありません。ガネーシャや他にも沢山いる高次の魂たちは、各地で神や神聖な存在としての様々な名前をもっています。先ほどの「神」の話と同じで、その地域や時代的背景、宗教観、使っている言語などによって、その呼ばれ方や人々がもつイメージは違ってくるからです。だから、それを追求することにはあまり意味がないのです。あなたが呼びたいように呼べばいいのです。わたしをリュクシャと呼んでいるように。

リュクシャよ、それならわたしは、ガネーシャという日本語での発音の響きが好きですし、最初にインスピレーションがあったのも「ガネーシャ」としての存在だったので、リュクシャが教えてくれたことを踏まえた上で「ガネーシャ」と呼びたいと思います。

※今日はこれから、仕事で遠出しなければなりませんので、この続きはまた明日にでも書きます。今日もシンクロニシティカフェを読んでくれてありがとうございました m(__)m

あなたにとっても、わたしにとっても良き一日でありますように。

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


RSS Feed  Tags:,
Posted in ガネーシャ

ガネーシャ???

Posted on 2013-08-07
カラフルガネーシャ

正直に言うと、この記事に書く内容について、少しばかり躊躇しています。

でも、いくつかのシンクロニシティと、インスピレーションが、書くべきだと言っているので、書きます。

あれは約1週間ほど前の出来事でした。

朝の瞑想中に、精霊リュクシャとのコンタクトがはじまりました。

お金に関することを相談してみようかと思ったとその時、リュクシャがわたしに伝えてきたメッセージは、

お金のことなら、ガネーシャに相談してみたらいいよ。彼のこと知ってるでしょ?彼は、あなたのことをずっと待っていたし、今のあなたなら彼とつながることができるはず。

そんな突拍子もない内容でした。

ガネーシャってあのガネーシャ!?

この件は、わたしにとって、ちょっとしたシンクロニシティーでした。

実はこのブログの開設準備を始めた1ヶ月ほど前、わたしは、サイドバーに掲載するわたしの写真をどうするかについて悩んでいました。

そのとき、ふと「ガネーシャ」というインスピレーションが降りてきたのです。わたしはそのインスピレーションに従い、ブログに実物写真を載せられる状況になるまでは、代わりにガネーシャの画像を載せることに決めたのです

わたしは、かつてインドを放浪したことがあるので、ガネーシャが象の頭をもつインドの神様であることくらいは知っていましたが、それ以外の情報はほどんど知りません。

瞑想を終えると、わたしはすぐにネットで「ガネーシャ」について、検索してみました。

Googleで「ガネーシャ」と入れて検索のトップ出てきたのは、Wikipediaでした。

さっそくクリックして読んでみると(以下抜粋)「ガネーシャは、ヒンドゥー教の神の一柱。太鼓腹の人間の身体に片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされる」などと記載されていました。

極貧経営者のわたしにとっては「財産をもたらす商業の神」は魅力的です(笑)

他にも、
・シヴァ神とパールバーディの長男
・象頭や片方の折れた牙の由来
・仏教圏でも信仰されており日本でも歓喜天(聖天)として信仰されている。
などの情報が掲載されていました。

そしてわたしは、何年か前に夢をかなえるゾウという名前のガネーシャが登場してくる本がベストセラーになったことを思い出しました。

当時のベストセラーだったその本を買って読んだような記憶がありますが、「関西弁のガネーシャ」という情報以外は思い出すことができませんでした。

アマゾンで検索してみるとKindle版も出版されていたので、近いうちにダウンロードしてまた読んでみようと思っています。

いずれにせよ、あの日から、わたしの生活の中にガネーシャの存在が入りこんできました。

その後、わたしがどう考え、どういう行動を起こし、どういう変化があったのかについては、次回書きたいと思います。

← Thanks for your clicks (^-^ゞ

【インフォメーション】
メールマガジンでブログの更新情報と、ブログに書けないディープな情報を配信しています。
登録はコチラからお願いします → http://synchronicitycafe.com/newsletter/


1 / 11